東京で、効果のある広告・新聞折込広告・DM発送・印刷・映像制作ならサンケイ広伸社まで。広告効果のでる企画・デザインを提案します。

仕事の依頼方法
Ordering and Contact

広告費やデザイン制作費、そして実施までの期間について

広告実施まで余裕を持って1カ月。
予算は総合計で20万円を基準に考えよう。

3つの業務で進行

広告の実施までには主に3つの費用が必要です。制作の費用、印刷の費用、配布の費用です。映像の広告ですと、撮影の費用、編集の費用、視聴するためのメディアの費用となります。予算を考える時に、どこまでの業務が必要かで見積の算出方法が変わります。当社ではお客様に必要な部分をしっかりとうかがい、適切な予算と業務手順を提案いたします。

準備期間の方が長い

当社では実際の制作期間に長いお時間はいただきません。それ以前の打ち合わせと準備に時間をかけます。原稿まとめ、資料の準備、素材の確認など、より効果的な紙面や映像を制作するためには、準備と時間が必要です。この準備が不十分ですと修正作業が増え、やり直しなどの作業が多発します。私たちの経験上、準備には1カ月くらいの余裕が必要だと考えています。もちろん、ご依頼の内容によってこの準備期間は異なります。

制作の基本料金は25,000円から

デザイン制作の基本料金は、紙のサイズに関係なく、当社では1面あたり25,000円で案内申し上げております。デザインはオーダーメイドと同じ作業のため、お客様ごとにご要望が異なります。ここからイラストや地図、図解、原稿執筆などお客様のご希望をうかがい、最終的な費用を提示申し上げています。

材料費は別予算が必要

デザイン制作はあくまでも料理の中の「調理」になります。そのため食材に当たる写真画像、図解、ロゴなど、必要に応じてご提供いただきます。もしお持ちでない場合は、別予算にてイラストの作成や写真撮影、原稿執筆などが必要です。また当社では無償で提供できる素材や原稿執筆のサービスも用意しております。

映像の見積はシナリオ次第

一般的に映像制作の見積予算は数百万円になる場合が多いと聞きます。これは映像に一定の品質を満たすため必要と予想される費用を含めています。「こんな映像を作りたい」と考えていても、具体的な映像のシナリオがまだ決まっていない事が原因です。シナリオがある程度決まっていると、制作に必要な機材、技術、日数、そして人材が想定できるため、より現実的な予算を算出することができます。当社では発注の有無に関係なく、まずこのシナリオ構成についてお客様と打ち合わせを行い、現実的な映像制作の環境を確認してから、見積り金額を算出いたします。

予算削減の鍵は知恵と工夫

お客様の目的や現状に応じて制作方法を変えることで、予算を大きく削減できる場合があります。印刷方法、広告実施期間、制作手順など、予算削減には様々な選択肢があります。お客様にとってより良い判断ができるように、弊社の技術と経験を基に提案を行います。

  • 日本全国新聞折り込み広告
  • 広告・メディア制作専門サイト Studio-rlight
  • アマチュア無線専門サイトQSLカードの印刷はA4マニアックス
  • 大規模災害時の注意点
  • 社会への取り組み・教育指導
  • 業務手順と予算のお話
  • A4チラシを両面で1000枚が50,000円(税別)
  • 2分再生の映像制作 80,000円(税別)